「結婚」を意識しいざ「婚活」を具体的にはじめようとしたときに最初のハードルとなるのが、「どの婚活サービスを選べばよいか…」です。
婚活サービスには結婚相談所や婚活サイトなどがあります。どれが自分の結婚にとって有利なのか、それぞれにどんなメリット・デメリットがあるのかなど、結婚相談所と婚活サイトの違いそしてどの婚活サービスを利用すべきかをご案内します。
まずはどのようなサービスがあるのか、どんな人に向いているサービスなのかを知れば、自分にぴったりの婚活サービスを選べるはずです。

大きく4つの婚活サービスを整理する

婚活サービスのタイプは大きく分けると4つです。
①結婚相談所サービス型 ②データマッチング型 ③婚活サイト型 ④婚活パーティー型 

①「結婚相談所サービス型」は、仲人、アドバイザー、カウンセラー、コンシェルジェなど呼び方はいろいろですが、結婚のプロが婚活をサポートしてくれるタイプのサービスです。結婚相談所サービス型においては、入会をした後、どのような相手を望んでいるかをアドバイザーにあたる人に伝え、お見合いをセッティングしてもらうという流れが一般的。

②「データマッチング型」は、結婚相談所サービス型において仲人、アドバイザー等にあたる人が行っていた作業をコンピューターに任せているサービスです。データマッチング型は主に結婚相談所のサービスを指していわれます。そのため、入会をして、会員が閲覧できるデータに、希望する条件を入力して検索したり、マッチングする人物をピックアップしてもらったりします。データマッチング型のサービスにおいても、サポートしてくれる人がいる会社もありますが、結婚相談所サービス型と異なり、「何か悩んでいることがあれば声をかけてください」というスタンスです。

③「婚活サイト型」は「データマッチング型」と区別がつきにくい面があります。しかし、一般的には婚活サイト型の方が入会の審査が簡単で、気軽に登録できるサイトであるのが違いです。そのため、登録人数が多く、20代の若い世代や結婚にそれほど真剣でない人も多いという特徴があります。婚活サイト型に入会すると、スマホやwebサイトにおいて、会員のプロフィールを検索でき、アプリ機能などによりメッセージを送受信できるのが一般的です。婚活サイトのなかにもアドバイザーが在籍している会社もありますが、データマッチング型に比べて人の関与がより少ない傾向があります。

④「婚活パーティー型」は入会や月額料金などが必要なく、その都度料金を払って婚活パーティーに参加するサービスです。100人ほど集まる大規模なパーティーから、15~30人ほどのパーティー、個室で少人数で行うパーティーなどさまざまです。同じ趣味を持つ人を対象にしたパーティーや、キャンプ、ダンスなど企画パーティーもあります。

婚活サイトあれこれ

婚活サイトも多岐に分かれさまざまなサービスがあります。「データマッチング型」「お見合いパーティー型」などなど。
インターネット検索や掲示板でのコミュニティーツールが充実していたり、地元密着型として「合コン」「街コン」を主催している会社もあります。
婚活サイトは選択肢が多すぎるのが迷ってしまいますが、いつまでに結婚したいかを目安に絞り込むもひとつです。スマホなどで「婚活」「恋活」のためのアプリを提供している会社は、気軽な出会いを求めており、それほど結婚に急いでいる人はいないのが一般的。
一方、データマッチング型に近い婚活サイトでは、結婚相談所と同様に結婚に対する本気度が高い人が多くいる傾向があります。
結婚に対し同じような考え方を持っている人が周りに多い方が成婚率は高いので、自分の婚活状況によってサービスを選択しましょう。

婚活サービスを選ぶ

ご案内のようにさまざまな婚活サービスがあり、どのサービスに登録し、利用するかを選ぶためには「自分の性格」「予算」「登録者の人数やエリア、年齢層、職業」の3つが大切なポイントです。
結婚願望がそれほど強くないのに仲介型結婚相談所を選べば、プレッシャーを強く感じてしまうかもしれません。また、人見知りなのに婚活パーティーに参加しても成果があがらない可能性が高くなります。
予算の面では、結婚相談所のほうが婚活サイトより高いのが普通です。また、婚活サイトのなかでも、アドバイザーなどがおらず、アプリやサイト運営だけを行っている会社はさらに安くなります。結婚相談所のなかでは、データマッチング型に比べて仲介型のほうが初期費用が安い場合もありますが、成婚料を支払う会社もあるのでチェックしておきましょう。
登録者の人数は、料金が安いほど増えていく傾向があります。ただし、登録者が多くなればなるほど、結婚の本気度という点では低くなっていきます。たとえば、婚活アプリの会社では、恋愛をしたいというスタンスの人も多くなります。
また、登録者がどのような年齢層なのかもチェックしておく必要があります。たとえば、20代の登録者は同じ世代と結婚することが多いです。そのため、20代であり同世代との結婚を望んでいるなら、20代が中心のサービスを選ぶのもよいでしょう。大手の結婚相談所はさまざまな年齢層が揃っているのが特徴です。また、婚活サービスのなかには、特定の職業や年収の高い会員が多いことをアピールしているところもあります。
どのような婚活をしたいか、経済的に無理なく続けていけそうか、結婚したいような人達が集まっているか。をチェックして、どの婚活サービスを選ぶかを決めましょう。

3つの結婚相談所〜成婚率の高さは仲介型結婚相談所

結婚相談所にも3つのタイプがあり
①仲介型結婚相談所 と② データマッチング型結婚相談所 と③インターネット型結婚相談所 です。

③のインターネット型結婚相談所とは、webで無料もしくはリーズナブルな料金で会員登録できるサービスのことで、結婚を意識した人が多く登録しています。データマッチング型結婚相談所の場合は、アドバイザーが在籍する場合もありますが、インターネット型結婚相談所はコンピューターのみで運営されているのが一般的です。

成婚率の面で3つのタイプを比較すると、最も成婚率が高いのがやはり仲介型結婚相談所です。
そのため、できるだけ早く結婚したい人におすすめのサービスです。

結婚相談所を選ぶ理由と〜<僕の婚活相談所>Pa☆れっと銀座を選ぶ理由
「結婚相談所」と他の結婚サービスとの決定的な違い

それは、人たる第3者(仲人/アドバイザー/カウンセラーなど)が介在して管理、サービスを行うことです
そのメリットは
① 各データへの証跡(エビデンス)に人による確認とチェックが入ることで、自己申告で詐称を防止できます。
② システムに自動登録、マッチング、自動アプローチ等活動過程でのトラブルの解決、調整等をします。
③ 自分が知らない情報や知識を入手したり、解決のためのBESTのための智恵(ノウハウ)を持ち効率的に結果が出ます

<僕の婚活相談所>Pa☆れっと銀座を選ぶ理由
今まで見てきたように色々な選択肢とメリット/デメリットを整理すれば、選択する基準ができます。
だからこそ
<婚活相談所>Pa☆れっと銀座を選ぶ理由を今一度確認ください。
① 結果を求めるなら他の結婚サービスと決定的に異なる結婚相談所
② <婚活相談所>Pa☆れっと銀座は上記の3タイプの<仲介型>< データマッチング型><インターネット型>を網羅した
  複合型AIアプリ婚活仲介型結婚相談所です
③ 専任プロアドバイザーと成婚までマンツーマン支援で活動開始前にプレアクションコンサルティングサービス(PAC)を行い十分な価値観の共有を行います。さらに活動中は男性視点のアドバイス(ここがPOINT=知己はなく知他)で1年以内の成果をコミット
④活動に集中して欲しいから、リーズナブルに。サブスク成功報酬型のリーズナブルな料金体系初期費用等円)
⑤その他成果が出るのには理由があります。スタートダッシュパッケージや、スタジオ撮影、パーティーのご案内と優待など支援サービスを多数ご用意

圧倒的な<選ばれる理由>がここにあります